建築コミュニティポータル:昔の名前で頑張ってます


2017年11月20日(月) 01:20 JST


 掲示板目次 > 建築関連 > 書評一般・推薦書籍 新規投稿 返信投稿
 日経アーキテクチャ  2017年8月24日号
 
daioh_
 2017年8月26日(土) 19:17 JST (参照数 153回)  
掲示板 管理者
管理者

状態: オンライン


登録日: 2007年2月10日
投稿数: 2376


特集は

藤森照信 異端からの逆転

藤森照信氏が設計した「多治見市モザイクタイルミュージアム」や「ラ コリーナ近江八幡」が
多くの人を集めている。女性の割合が多いことも特徴だ。
藤森氏は、もともとは建築史が専門の研究者。
40代後半で「タンポポハウス」や「ニラハウス」といった異色の緑化建築を設計して名を馳せ、
“知る人ぞ知る建築家”あるいは“建築界の異端”と見られてきた。
それがここに来て、「社会が大注目する存在」へと評価が変わりつつある。
多くの女性に取材すると、藤森建築に引かれる理由は「写真に撮りたい」ということらしい。
これまでの現代建築にはなかった何らかの“共感”を抱いているようだ。
建築界はそこから何を学ぶべきなのか。
本特集では、話題の2施設を取材するとともに、活動分野の異なる4人との対談を行い、
「この先の建築」を展望するヒントを探った。

だいおー/大内
 
プロフィール メール ホームページ
引用して書き込む
内容生成: 0.23 秒
新規投稿 返信投稿


通常 通常
注目トピック 注目トピック
ロック済 ロック済
新着 新着
注目トピック 新着 注目トピック 新着
ロック済トピック 新着 ロック済トピック 新着
ゲストユーザの投稿を見る 
投稿可能 
一部のHTMLを許可 
バッドワードをチェック