建築コミュニティポータル:昔の名前で頑張ってます


2017年11月19日(日) 23:12 JST

リスト - カテゴリ

メイン : CADユーティリティ : 
JacConvert (1)  
ソート基準:  タイトル ( )  日付 ( )  評価 ( )  人気 ( )
表示ソート順:  日付(新着順)
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: HDM
  QCAD用DXFコンバーターV1.05    回数
ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■

  日本語版 QCAD用DXFコンバーター Ver 1.0.5

ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■ロ■



■はじめに
    QCADを日本語で使用するにあたり、文字コードの変換が必要に
    なることがあります。このツールは、DXFファイルの文字化け対策に
    必要と思われる機能を提供します。
    具体的な機能は、\M+12345形式の文字列の可読文字列化、
    \U+1234形式の文字列の可読文字列化、DXFファイルのShift-JIS及び
    Unicode形式の保存です。
    ソースコードを添付しますので、ご自由に修正していただけます。
    ご自由に改変・配布していただいてかまいません。


■動作環境
    Java 1.7 以上がインストールされている環境で使用できます。

    Ver1.0.5:2013/11/02
     QCAD→Jw_Cad, Jw_Cad→QCAD の変換について、簡単操作で一括変換可能な
     モードを追加しました。

    Ver 1.0.4 : 2013/09/14
     全角カナから半角カナへの変換機能を追加しました。
     \M+12345形式と\U+1234形式の文字列が混在していても一度にまとめて変換
     するよう修正しました。

日本語版 QCAD用DXFコンバーター Ver 1.0.3 DL数265
日本語版 QCAD用DXFコンバーター Ver 1.0.2 DL数194
日本語版 QCAD用DXFコンバーター Ver 1.0.1 DL数39
日本語版 QCAD用DXFコンバーター Ver 1.0.0 DL
バージョン:  1.0.5  日付: 2013年11月 3日   評価: 0.00   923     23.46 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: K.Nakahara
  JacLaunch Ver0.51    回数
AutoCADとJw_cadデータ閲覧JacLaunch Ver0.51
【名称】JacLaunch Ver0.51
【登録名】JacL051.exe
【著作権者】K.Nakahara
【動作環境】Windows2000,Xp,Vista,7(注)
【登録月日】2010/06/27
【分類】フリーウエア
【転載等】転載・配布共に可
(注)現バージョンは98,Meでも動作します。

■今回の変更内容
2010/06/20 Ver0.51
    ・JacConvertに同梱するための内部動作変更。
    ・インストールプログラムのデフォルト変更。
        スタートアップショートカット(生成しない)
        デスクトップショートカット(生成する)
2010/06/12 Ver0.50
    ・初回公開

■JacLaunchとは
AutoCADとJw_cadのファイルをPDFファイル化して手軽に閲覧・印刷します。
CAD操作はできないけれど精細なCADデータをパソコンで見たい人向けです。

■JacLaunchの動作
JacLaunchはCADファイル(DXF,DWG,JWC,JWW)をPDFファイルに変換して、関連
付けされたアプリケーション(AdobeReader等)で表示させます。
本ソフトは拙作JacConvert(CADデータ変換)を外部から動作させてPDF表示し
ています。JacLaunchインストールセットにはJacConvertが同梱しています。

■DWG閲覧ためには
JacLaunch収納同一フォルダにEveryDWG.exeを収納してください。収納されな
いとDWGファイルは選択できません。
EveryDWGはOpenDesignALLIANCE(http://www.opendesign.com/guestfiles/)の
ページよりODA Teigha File Converterをダウンロードして解凍します。解凍
後に現れるEveryDWGをJacLaunchと同一フォルダに収納してください。

■PDFファイルを生成します
読込したファイル(DXF,DWG,JWC,JWW)をPDF化して、原則同一フォルダに保存し
ます。(上書き保存されますので注意ください)
もし書き込み禁止フォルダの場合はMy DocumentsにPDFファイルを保存します。

■ソフトウエア区分・配布・転載・最新版入手方法
フリーウエアです。無償で利用できます。
配布・転載共に可です。
最新版は建築フォーラム(http://www.farchi.jp)から入手ください。

■著作権等
著作権はK.Nakaharaが所有しています。このプログラムを使用した事による、
いかなる損害にも作者は責任を負いません。

JacLaunch Ver0.50 DL数 472
バージョン:    日付: 2011年1月 2日   評価: 8.00(1)   5341     714.89 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: AFsoft/AF
  Script!3D Runner Ver.1.19対応版    回数

【名  称】 Script!3D Runner Ver.1.19対応版
【登 録 名】 s3r_119.exe(自己解凍圧縮ファイル)
【著作権者】 AFsoft (AF)
【動作環境】 Windows98/Me/2000/Xp 日本語版
【分  類】 フリーウェア
【転 載 等】 無断転載禁止 手渡し・郵送・メールでの配布は自由
【内  容】
本ソフトウェアは、「Script!3D Shareware Edition」にて作成した配布用スクリプトファイル(拡張子が「.S3T」のファイル)を開き、実行し、3D図形を作図し、一時的に3D-DXFファイル 又は COLLADA(.dae)ファイルを生成しそれを Google SketchUp 等へ送信する事により、それら他アプリケーションにて比較的容易に3D図形描画を行おうというためのプログラムです。
※本ソフトウェアは、スクリプトファイルを作成・編集・保存する機能はありません。そのような場合には別途「Script!3D」が必要となります。
バージョン:  1.19  日付: 2010年1月 2日   評価: 0.00   1881     666.52 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: AFsoft/AF
  Script!3D Shareware Edition 1.19    回数

【名  称】 Script!3D Shareware Edition 1.19
【登 録 名】 script3d_119s.exe(自己解凍圧縮ファイル)
【著作権者】 AFsoft (AF)
【動作環境】 Windows98/Me/2000/Xp 日本語版
【分  類】 シェアウェア
【転 載 等】 無断配布・無断転載等禁止
【内  容】
このソフトウェアは、スクリプトから3次元図形の作成を行い、3D-DXF(3DFACE)、OBJ、STL、VRML(2.0)、X3D、COLLADA(DAE)、BMPファイル出力をするためのプログラムです。
本ソフトウェアは、シェアウェア版です。レジストしていない場合には面データの保存・データ受け渡しは出来ないようになっています。
※OBJ/STLは、色コード・レイヤコード・点・線データの出力はありません。
※VRML/X3D/DAEは、点データの出力、動きを与えるような出力等はありません。
※試用版です。

Ver.1.19 2009/10/15
・配布用スクリプトファイル(.d3t)の保存を行えるよう追加しました。
(レジストしている場合にのみ利用可能)
 本ソフトでこのファイルを開く事は出来ませんので、
 通常のスクリプトファイル保存を行うよう御注意下さい。
※この配布用スクリプトファイルは、別ソフトである
 「Script!3D Runner」にて開き実行する事が出来ます。
 (この「Script!3D Runner」はフリーウェアです)
・COLLADA(.dae)ファイルで、一部のソフトで、mm単位設定を受け入れて
 くれないものがあるようですので、標準のm単位で保存するよう修正を
 行いました。そのため、小数点以下7桁で出力していたのを9桁に修正
・DXF/DAE出力時、SketchUpでは小さい面を作図出来ない為、大きめに
 インポートしてから SketchUpでスケール調整等を行う必要がありますが
 SketctUpでのDXFオプション指定画面で単位設定を変更する手間を防ぐ為
 GSU出力設定で出力倍率を指定出来るよう追加しました。

Ver.1.18 2009/10/11
・以下の命令の修正を行いました
  R_SWEPS(※仕様変更も行っています)

Ver.1.17 2009/09/27
・COLLADA(.dae)ファイル保存を追加しました。
 ※ファイル名で日本語は使えません。
 ※点要素出力、動きを与えるような出力等はありません。
 ※X3D/VRML同様の条件となります。
 ※座標値や色番号等の最適化処理等は行われません。
 ※動作検証で利用させて頂いた「SwirlViewer 2.6.0.0」では
  線データ要素が沢山あるとメモリ不足状態となりフリーズ状態になる
  場合がありましたので御注意下さい。
 ※動作検証で利用させて頂いた「Blender 2.49b」では
  線データ要素はインポート出来ない場合がありましたので御注意下さい。
 ※動作検証で利用させて頂いた「Google SketchUp 7.1(Free)」では
  オプション指定にて「□Validate COLLADA file」にチェックがあると
  メッセージ画面が開くたびに表示されますのでチェックを外しておいた
  ほうが良い場合があります。また、「□Merge Coplanar Faces」には
  チェックを入れておいて下さい。しかしそれでもエッジの線が表示
  される場合がありますので邪魔でしたら手動で削除等を行うか、
  ソフトニング等を行うようにして下さい。なお、インポートした図は
  コンポーネント化されます。
・メニュー「設定」→「SketchUp7出力設定」追加
  COLLADAファイルを一時的に作成して SketchUp7へ出力する際の設定です。
・ボタン[GSU7出力] 追加

Script!3D Shareware Edition 1.16 DL数238
Script!3D Shareware Edition 1.15 DL数202
Script!3D Shareware Edition 1.14 DL数28
Script!3D Shareware Edition 1.13 DL数76
Script!3D Shareware Edition 1.12 DL数33
Script!3D Shareware Edition 1.11 DL数28
Script!3D Shareware Edition 1.10 DL数41
Script!3D Shareware Edition 1.08 DL数43
Script!3D Shareware Edition 1.02 DL数56
Script!3D Shareware Edition 1.01 DL数33

バージョン:  1.19  日付: 2010年1月 2日   評価: 0.00   1373     719.37 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: AFsoft/AF
  AFWords Ver.1.14    回数

===================================================================
【ソフト名】 AFWords Ver.1.14
【登 録 名】 afwords114.exe
【著作権者】 AFsoft (AF)
【動作環境】 Windows98/Me/2000/Xp 日本語版
【解凍方法】 自己解凍圧縮ファイルですので、ダウンロード後、
       実行を行って下さい。起動用のショートカット等は
       作成されませんので必要であれば各自作成して下さい。
【ソフト種別】 シェアウェア(500円)
【転載条件】 不可
====================================================================
【ソフト紹介】
 文字の外郭線(アウトライン)を作図し、CADソフトで取り込めるよう、
 DXFファイル・座標ファイルで保存を行うためのソフトウェアです。
 文字、フォント、文字サイズを入力し、[作図]で確認を行い、[保存]で
 ファイルに保存します。
 文字を入力した後、[変形]を行ってファイルに保存する事も可能です。
 
Ver.1.14 2009/05/14
・文字内容入力で、
 $jXXXX:JISコード入力 XXXXには4桁の16進コードを指定
 $sXXXX:シフトJISコード入力 XXXXには4桁の16進コードを指定
 $uXXXX:Unicode コード入力 XXXXには4桁の16進コードを指定
 ($j→$J、$s→$S、$u→$U、でも可)
の機能を追加
====================================================================
バージョン:  1.14  日付: 2010年1月 2日   評価: 0.00   1602     349.98 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: phoenix1973
  AUTOCAD用DRA-CAD風インターフェイス    回数

===========================================================================
AUTOCADをDAR-CAD風のインターフェイスにカスタマイズしています
使用方法はPDFにしていますのでそれを見てください
===========================================================================
Snap shot バージョン:  3.0  日付: 2009年3月28日   評価: 0.00   2489     5.82 MB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: ゲストユーザー
  AcadBoosterインストーラ    回数


===========================================================================
AcadBooster3.1.2のインストーラです。
最新情報や購入方法はホームページをご覧下さい。
===========================================================================


マネージャ補足
AutoCAD2000/2002/2004・ADT・MDTの作図操作を劇的に加速します。主に下記の機能があります。

(1)IMEの状態に左右されない、ワンキーによる理想的なAutoCAD操作の実現。
(2)マウスドラッグによるJW_CADライクな画面操作(ズーム等)。
(3)新機能!グループ管理出来る画層コントローラと外部コマンドも簡単に登録出来るスクリーンメニューを内蔵したツールボックス表示。
(4)図面連続処理(印刷・ファイル形式変換等)。
(5)同梱のAcadRemocon.DLLにより、VBScript・VB・VBAでAutoCAD外部コマンドが簡単に作成出来ます。
(6)AutoCADコマンドライン上で複雑な計算が出来ます。
(7)その他にも「短縮コマンド」「ポップアップメニュー表示」「マウスジェスチャー」「明示的直交指示」等の機能があります。

■■■使用料およびお支払いについて■■■
初回のみ4000円、以降1ライセンス追加毎に2500円となります。
===========================================================================
バージョン:  3.1.2  日付: 2009年3月28日   評価: 0.00   1841     4.22 MB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: AFsoft/AF
  AFMouMenuD Ver.1.01    回数

【名  称】 AFMouMenuD Ver.1.01
【登 録 名】 afmoumenud101.exe(自己解凍圧縮ファイル)
【著作権者】 AFsoft (AF)
【動作環境】 Windows95/98/Me/2000/Xp 日本語版
【分  類】 シェアウエア
【転 載 等】 無断配布・無断転載等を禁止
【内  容】
指定登録したアプリケーションを実行中(そのソフトがアクティブ状態の際)、
指定したタイマ割込時間毎に、マウスの第4~7ボタンを操作したかどうかを
確認し、そのアプリケーションに対して、JWWのクロックメニューのような
マウスドラッグによるコマンド分岐実行を模擬的に行う、又は、ポップアップ
メニューを表示してメニューからコマンド分岐実行を行おうというソフトです。
 
利用するアプリケーション及び各コマンド名称・コマンドキーは
予め設定を行っておく必要があります。コマンドキー送信については、
「JwwMenu」等と同様、SendKeyを行う事により実現しています。
※注
・DirectX7以上のランタイムが入っている事
(VGAカードのドライバを入れる際に導入されている場合が多いです)
(最新ドライバの方が良いと思われますが、実行してみて動作可能で
 あれば、別段更新する必要はないと思われます。DirectXドライバ更新
 を行うとパソコン環境が変わってしまう可能性がありますので
 御注意下さい。)
・マウス付属のドライバソフト(Microsoft製マウスの場合は IntelliPoint)
 が入っている事が必須です。そのマウス設定のボタン設定は、標準状態・
 既定の状態にしておいて下さい。
・アプリケーションが様々なボタン操作を既に実装している場合には、
 うまく動作出来ない場合が多いですので御注意下さい。
 また、コマンドキーを受け付け出来ないアプリケーションもあると
 思われますので、実際に動作させてみて使えるかどうかを確認して下さい。
・「AFMouMenu」とは異なり、マウスフックは利用していません。
 マウスの第1~第3ボタンのメニュー操作は、そのアプリケーション本体
 のマウス操作機能と干渉する可能性が高いので、実装していません。

Ver.1.01 2008/10/03 公開
・設定「アプリケーション設定」タブに
  ・メニュー文字色
  ・メニュー針色
  ・メニューAM画像
  ・メニューPM画像
 を追加

AFMouMenuD Ver.1.00 DL数32
バージョン:  1.01  日付: 2008年10月 3日   評価: 0.00   1383     336.57 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: daioh_
  AFMouMenu Ver.1.06    回数


【名  称】 AFMouMenu Ver.1.06
【登 録 名】 afmoumenu106.exe(自己解凍圧縮ファイル)
【著作権者】 AFsoft (AF)
【動作環境】 Windows95/98/Me/2000/Xp 日本語版
【分  類】 シェアウエア
【転 載 等】 無断配布・無断転載等を禁止
【内  容】
マウスの状態をフックし、その情報を表示し、JWWのクロックメニューのようなマウスドラッグによるコマンド分岐実行を模擬的に行おうというソフトです。
マウスのボタン状態を感知し、マウスカーソルを変更し、マウス情報を本ソフト画面に表示します。これにより、マウスのボタンを押したかどうかを目視確認する事などが可能となります。マウスカーソルは、システム情報の「通常の選択」の形状を直接変更します。そのため、このカーソルを使用していない状態ではマウスカーソル形状は変わりません。
利用するアプリケーション及び各コマンド名称・コマンドキーは予め設定を行っておく必要があります。コマンドキー送信については、「JwwMenu」等と同様、SendKeyを行う事により実現しています。※試用版です。
※本ソフトでコマンドを実行する前に、そのマウスボタン状態により
 アプリケーション本来の機能のマウス指定やコマンド実行等が
 行われますので御注意下さい。
※コマンド名は、本ソフト画面上、及び、タスクバーの本ソフトの
 タイトル上に表示されます。また、ドラッグメニュー表示を行う
 場合には、その中央に表示されます。但し、余り長い名前は表示
 しきれなくなりますので御注意下さい。
※アプリケーションが様々なマウスドラッグ操作を既に実装している
 場合には、うまく動作出来ない場合が多いですので御注意下さい。
 また、コマンドキーを受け付け出来ないアプリケーションもあると
 思われますので、実際に動作させてみて使えるかどうかを確認して
 下さい。
※対象外のアプリケーションや終了時にマウス形状を元に戻しています
 が、もし万が一、マウス形状が元に戻らない場合は、Windowsのコン
 トロールパネルの「マウス」の「ポインタ」タブ内の「デザイン」を
 一旦他のものを選択し、再度選択し直すと元に戻ります。
 
Ver.1.06 2008/09/06
・ホイールポップメニューのタブ位置を記憶・呼出しするよう修正
・ホイールポップメニューを表示した場合、このメニューにフォーカスが
 ある場合、マウスホイールスクロールでタブ切替を行うよう追加
・アプリケーション認識が一部出来ない件の修正
 
※おまけソフト「AFMouMenuR」を追加しました。
(同時実行をしないで下さい)

AFMouMenu Ver.1.05 DL数112
バージョン:  1.06  日付: 2008年9月20日   評価: 0.00   1300     737.65 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: daioh_
  AFJoyMenu Ver.1.01    回数


【名  称】 AFJoyMenu Ver.1.01
【登 録 名】 afjoymenu101.exe(自己解凍圧縮ファイル)
【著作権者】 AFsoft (AF)
【動作環境】 Windows95/98/Me/2000/Xp 日本語版
【分  類】 シェアウエア
【転 載 等】 無断配布・無断転載等を禁止
【内  容】
指定登録したアプリケーションを実行中(そのソフトがアクティブ状態の際)、指定したタイマ割込時間毎に、ジョイスティック/ジョイパッドを触ったかどうかを確認し、触った場合にはそのアプリケーションに対するコマンド送信実行、又は、コマンドメニュー(ポップアップメニュー)を表示してメニューからコマンド分岐実行を行おうというソフトです。
 
Joystick/Pad設定でボタンNo1~12、移動キー左右上下斜め、及び、ボタン1つ+移動キーの組み合わせでコマンド実行する事が出来ます。
 
メニューでのコマンド選択は、ジョイスティック/ジョイパッド+トリガーボタンでの選択、マウスによる選択、キーボードの矢印キー+空白キーでの選択が可能です。
利用するアプリケーション及び各コマンド名称・コマンドキーは予め設定を行っておく必要があります。コマンドキー送信については、「JwwMenu」等と同様、SendKeyを行う事により実現しています。※試用版です。
※注
 アプリケーションが様々なジョイスティック/ジョイパッド操作を
 既に実装している場合には、うまく動作出来ない場合が多いですので
 御注意下さい。
 また、コマンドキーを受け付け出来ないアプリケーションもあると
 思われますので実際に動作させてみて使えるかどうか確認して下さい。
 
・DirectX7以上のランタイムが入っている事
(VGAカードのドライバを入れる際に導入されている場合が多いです)
(最新ドライバの方が良いと思われますが、実行してみて動作可能で
 あれば、別段更新する必要はないと思われます。DirectXドライバ更新
 を行うとパソコン環境が変わってしまう可能性がありますので
 御注意下さい)
・ジョイスティック/ジョイパッドは、サウンドカードのMIDIポート
 から接続する手法と、USB接続で行う手法があります。
・コントロールパネル→システム→デバイスマネージャの
 「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ」内に
 ゲームポート(Joystickポート)のドライバが
 入っている事が必須です。
・コントロールパネル→ゲームコントローラ で
 有効なコントローラが追加されていて、スティック・ボタン
 が認識できる状態になっている事、調整済みである事、が必須です。
 
Ver.1.01 2008/09/11 更新
・初期画面に「JoyID」入力欄を追加 通常は「0」です。
・設定画面に「JoyStick/Pad設定」タブを追加
バージョン:  1.01  日付: 2008年9月20日   評価: 0.00   1313     310.58 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: AFsoft/AF
  ScriptRunner Ver.1.12    回数
【名  称】 ScriptRunner Ver.1.12
【登 録 名】 scrrun112.exe(自己解凍圧縮ファイル)
【著作権者】 AFsoft (AF)
【動作環境】 Windows95/98/Me/2000/Xp 日本語版
【分  類】 シェアウエア
【転 載 等】 無断配布・無断転載等を禁止
【内  容】
スクリプトファイルを実行し、BMP形式/EMF形式/DXF形式/PCES形式/JWS形式で保存したり、[→JWW]ボタンをクリックして JWWクリップボードに転送し、JWWで[貼付]を行うと JWWでその図形を作図することが出来ます。同様に、[→AutoCAD]ボタンをクリックしてAutoCADのコマンドライン上で[貼付]を行うとUCS原点上に図形を作図します。機能的には「Script!」と同様です。
「フォルダ/ファイル」タブでは、選択したフォルダ内のスクリプトファイルをダブルクリックする事によって実行する事が出来ます。「登録リスト」タブでは、自分の好きなようにスクリプトファイルを登録することが出来ます。タブは26種類あり、種類毎に分類する事が出来ます。「各種設定」では、本ソフトを「Script!」と同じフォルダに入れておくと「Script!」の設定を読み書きする事が出来ます。
※試用版では、タブ内のファイルは最大10ファイル迄、連続使用時間は3分迄に制限されます。それ以外については正規版と同じです。
※試用版です。

更新:
Ver.1.12 2008/07/16 追加変更
・Script!18 にてスクリプト仕様を拡張
 ・#IF 文のネスト対応
 ・#IF ~ #ELSE ~ #END 文の対応
 ・#WHILE ~ #END 文の対応

ScriptRunner Ver.1.11 DL数100
ScriptRunner Ver.1.09 DL数114
ScriptRunner Ver.1.08 DL数102
ScriptRunner Ver.1.07 DL数 71
ScriptRunner Ver.1.06 DL数 38
ScriptRunner Ver.1.05 DL数 41
ScriptRunner Ver.1.04 DL数 15
ScriptRunner Ver.1.03 DL数 40
バージョン:  1.12  日付: 2008年7月17日   評価: 0.00   1301     569.67 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: AFsoft/AF
  Script! 18    回数
【名  称】 Script! 18
【登 録 名】 script18.exe(自己解凍圧縮ファイル)
【著作権者】 AFsoft (AF)
【動作環境】 Windows95/98/Me/2000/Xp 日本語版
【分  類】 フリーウエア
【転 載 等】 手渡し・郵送・メールによる配布は自由、ホームページ・ブログ等への無断転載は禁止
【内  容】
このソフトウェアは、スクリプトから図形の作成を行い、BMP、DXF等のファイル出力や印刷をするためのプログラムです。
スクリプトは、このソフトで直接作成するか、又は、メモ帳やエディタであらかじめファイルを作成しておき「ファイル|開く」で読み込んで下さい。「ファイル|名前を付けて保存」でBMP、EMF、DXF、PCESのファイルを作成する事が出来ます。
DXF出力時の線種は JWWが出力する線種テーブルと同じ状態になります。JWWクリップボード出力の機能もあります。これを行った後、JWWで[貼付]を行うとJWWでその図形を作図することが出来ます。
[AutoCADコマンドライン]をクリックして AutoCADのコマンドライン上で[貼付]を行うとUCS原点上に図形を作図します。

スクリプト作成方法については、同梱のテキストファイル及び当方のブログの【Script!】カテゴリを参照して下さい。

更新:
#IF文拡張・#WHILE文追加

Script! 17 DL数 85
Script! 16 DL数 131
Script! 14 DL数 101
Script! 14 DL数 123
Script! 13 DL数 46
Script! 12 DL数 34
Script! 11 DL数 20
Script! 10 DL数 69
バージョン:  18  日付: 2008年7月17日   評価: 0.00   1365     557.12 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: daioh_
  pnViewJ Ver1.31    回数
===========================================================
【ソフト名】 pnViewJ
【バージョン 】 1.31
【登 録 名】 PNVJ131.lzh
【著作権者】 kaZe'
【動作環境】 Windows98/ME/2000/XP
【登録月日】 2006/02/05
【分 類】 フリーソフト
【転 載 等】 可(下記参照)
===========================================================
1.ソフト内容
pnViewJはOLE対応のJWW/JWCファイルビューワーです。
2.特徴
最大の特徴は、OLEオートメーションサーバー機能に対応していることです。
具体的には、ワードやエクセル、一太郎といったOLE対応のアプリケーションに図面を
、オブジェクトとして貼り付けることができます。
通常の貼り付けでは、貼り付け後におこなえる操作としては、画像の拡大・縮小となって
おります。
しかし、オブジェクトというのは図面データそのものですから、貼り付け後に図形の拡大
縮小はもちろんのこと、部分拡大をおこなったり全体図を表示させたりすることが可能で
す。
またpnViewJは線種の表示ピッチスケールや線幅スケールを変えることが出来ますが、こ
のような機能も問題なく使う事ができます。
更にV0.4からは、貼付け先オブジェクトの編集ができるようになりました。
外部アプリケーションとして起動したJWWでオブジェクトの編集をおこなうことができます。

3.インストール
LHAにて解凍を行うと「PNVJ131」というフォルダが作成されます。そのなかにある
Setup.exeがインストーラですので、実行してください。

4.使い方
使用方法はHELPファイルをご覧ください。

5.著作権および免責事項

(1)著作権
このプログラムはフリーソフトウェアーです。
このプログラムの知的所有権は、作者であるkaZe'(Toru Suzuki)が有しております。
著作権者の権利を侵害する行為は、固くお断りいたします。

(2)免責事項
このプログラムを使用した事によって発生した損害は、一切補償いたしません。
このプログラムに不備があっても、作者はそれを訂正する義務を負いません。

(3)転載及び配布
転載・配布については、下記の条件のもと自由に行うことができます。
1)あらかじめ、作者の了解を得ること。
2)オリジナルなファイル形態で行うこと。

(4)バグフィックス
本ソフトウエアの不具合等については、対応可能な範囲で対処をおこなうつもりでおります。


■今回のバージョンアップ内容

・JWW Ver5に対応(内部データフォーマットバージョン420)
・上記に伴い、線種、線幅ダイヤログ更新
・ステータスバーにJWWのデータバージョン表示
・オブジェクトのデータフォーマット更新(1310)
・オブジェクトのバージョン確認にJWWのバージョンも表示追加
・仮点の表示を補助線表示に連動
・その他いくつかの改良、変更

■注意事項

・新バージョンのJWWで作成または、編集したオブジェクトを古いバージョンのJWWで編集しないように
してください(逆は問題ありません)。
・線種および線幅を画面表示に反映させている方は、線種、線幅の表示スケールの再設定が必要になります。
・JWCデータ(DOS版)は最新バージョンとして処理しています。
・HELPファイルは「履歴」以外は更新しておりません。

ダウンロードファイル名を『PNVJ131.lzh』としてください。
バージョン:  1.31  日付: 2007年5月30日   評価: 8.00(1)   57730     655.24 KB  
8 コメント  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: daioh_
  AFWords    回数
===================================================================
【ソフト名】 AFWords Ver.1.13
【登 録 名】 afwords113.exe
【著作権者】 AFsoft (AF)
【動作環境】 Windows95/98/Me/2000/Xp 日本語版
【解凍方法】 自己解凍圧縮ファイルですので、ダウンロード後、
       実行を行って下さい。起動用のショートカット等は
       作成されませんので必要であれば各自作成して下さい。
【ソフト種別】 シェアウェア(500円)
【転載条件】 不可
====================================================================
【ソフト紹介】
 文字の外郭線(アウトライン)を作図し、CADソフトで取り込めるよう、
 DXFファイル・座標ファイルで保存を行うためのソフトウェアです。
 文字、フォント、文字サイズを入力し、[作図]で確認を行い、[保存]で
 ファイルに保存します。
 文字を入力した後、[変形]を行ってファイルに保存する事も可能です。
====================================================================

ダウンロードファイル名を『afwords113.exe』としてください。
バージョン:  1.13  日付: 2007年2月12日   評価: 0.00   1615     279.28 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: daioh_
  DwgCon2    回数
【 DWGファイルとDXFを相互に変換 README】
=========================================================================
DwgConvert Ver2.0
DWGファイルとDXFを相互に変換します

    DwgConvert2.EXE Copyright(C) 2006.02- by かずばん
=========================================================================

★はじめに
 ダウンロードありがとうございます。

DWGファイル(AUTOCAD形式)ファイルと、DXFファイルを相互に変換します。
 さらに、DWGまたは、DXFの形式のバージョンを変えて直接変換する事も可能です。
【重要】
変換部分は、「Open Design Alliance」http://www.opendwg.org/ の、
 「DConvertCon.exe」を利用しています。
 まずこちらを先に、インストールしておく必要があります。
「DConvertCon.exe」のライセンスについてはこちらをご確認ください
http://www.opendwg.org/

 このソフトは、「DConvertCon.exe」のユーザーインターフェースを補完
 する目的で作成しました。
 ネットワークディレクトリを含む、複数のディレクトリ上の複数のファイルを
 一括で変換できます。

★開発環境
 Windows XP-SP1
 Borland C++Builder 4

★動作確認
 Windows XP
 Windows 2000
 Windows NT4.0-SP6

★インストール方法
 1:まずは、http://www.opendwg.org/ こちらのサイトよりライセンスを確認後
   「DConvertCon.exe」をダウンロードしてください。
   ホームページの、[Downloads][GuestFiles]の[Utilities]の「DCONVERT.zip」です
   (http://www.opendwg.org/Library/utilities/dconvert.zip)
 2:ダウンロードした[DCONVERT.zip][dwgcon20.zip] を適当なフォルダに解凍してください
 3:そのままでも大丈夫ですが、変換に使用するのは、[DCONVERT.zip]の中の
   [DConvertCon.exe]のみです。このファイルを、[DwgConvert2.exe]と同じフォルダへ
   コピーしていだだいても結構です

★アンインストール方法
 1:特別な処理はしていません。
作成したフォルダを削除してください。

★ファイルの内容
DwgConvert2.exe ・・・プログラム本体
   README.TXT ・・・このドキュメントファイル
   OPTION.INI ・・・変換オプションファイル
   [HELP] ・・・ヘルプ用フォルダ

★使用方法
 1:DwgConvert2.exeを起動してください。
 2:変換プログラム「DConvertCon.exe」のパスを設定します
 3:必要ならオプションを設定します。
    「Output_Version」:出力ファイルの形式を設定
    「Conversion_form」:変換形式を選択。Aoto の場合は拡張子で自動判別
 4:変換場所指定
    変換元のファイルを同じか、特定の場所かを指定します
 5:変換ファイルを、ドラッグ&ドロップします。
   ファイルリストは簡易エディタになっているので、変換不要なファイルは削除可能です
 6:「変換」ボタンで変換を開始します。

★バージョン情報
 「Help」のバージョンで確認できます

***********************************************************************

★著作権
 本ソフトウェアは、「フリーソフトウェア」とします。
 転載・再配布は自由ですが、ドキュメントファイル(このファイル)
 も必ず添付して下さい。
 BBSへ感想などいただければ、うれしいです。

○本プログラムの結果が起因する事故に対して、
 著作者は一切の責任を負いません。

○「DConvertCon.exe」の「Open Design Alliance」作者様に感謝いたします。
http://www.opendwg.org/

 その他、ご意見、感想などは、
「かずばん ページ」の「かずばんBBS」へお願いします
http://www.geocities.jp/sako_sho_kei/
http://kazuban.ddo.jp
http://www.kazuban.com/bbs/KazubanBBS/patio.cgi?mode=view&no=160

★ 改訂履歴
起動後、バージョンのフォームに記載
バージョン:  2.0  日付: 2007年2月11日   評価: 0.00   4299     715.74 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: daioh_
  pnView    回数
===========================================================
【ソフト名】 pnView
【バージョン】 0.1
【登 録 名】 PNVIW010.LZH
【著作権者】 kaZe'
【動作環境】 Windows2000/XP(9*系不可)
【登録月日】 2005/1/23
【分 類】 フリーソフト
【転 載 等】 不可(下記参照)
===========================================================
1.ソフト内容
pnViewはシンプルなCADビューワーです。 2.特徴
■二つの印刷モードがウリです
標準印刷→画面に見えているそのままの状態で印刷されます。
全体印刷や、部分拡大にとても便利(一般的なWindows
アプリケーションの印刷そのものです)。
スケール印刷→縮尺を指定する一般的なCAD印刷です。

■対象ファイル
DXF,DWG,JWW,JWC,SFCと主要なフォーマットに対応しています。

■JWライクなマウス操作
マウスホイールによるズーム処理にも対応しています。

■ピッチスケール、線幅スケール指定が出来ます
pnViewの拡張機能です。
好みのピッチ表示また線幅に設定することが可能です。
pnViewは表示画面と印刷イメージを一致させることが
できます。

■操作が簡単
初心者の方でも直感的な操作が可能と思います。
しかし最低限必要なHELPは添付してあります。

3.インストール・アンインストール
LHAにて解凍を行うとpnViewというフォルダが生成されます。
そのフォルダのpnView.exeが実行ファイルですのでショートカット
を作って起動してください。レジストリ等へのアクセスはしていな
いので、不要になったらフォルダごと削除してください。

4.著作権および免責事項
著作権はkaZe'(T. Suzuki)が所有しています。当バージョンは、
試作品と考えておりますので、再配布等は禁止いたします。
なお、このプログラムを使用した事による、いかなる損害にも
作者は責任を負いませんので、ご了承のうえ使用してください。


ダウンロードファイル名を『PNVIW010.LZH』としてください。
バージョン:  0.1  日付: 2007年2月11日   評価: 0.00   5423     267.50 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: daioh_
  pnViewX    回数
===========================================================
【ソフト名】 pnViewX
【バージョン】 1.00
【登 録 名】 PNVX100.lzh
【著作権者】 kaZe'
【動作環境】 Windows98/ME/2000/XP
【登録月日】 2006/02/16
【分 類】 フリーソフト
【転 載 等】 可
===========================================================
1.ソフト内容
pnViewXはOLE対応のSXFファイルビューワーです。 2.特徴
最大の特徴は、OLEオートメーションサーバー機能に対応していることです。
具体的には、ワードやエクセル、一太郎といったOLE対応のアプリケーションに図面を
、オブジェクトとして貼り付けることができます。
通常の貼り付けでは、貼り付け後におこなえる操作としては、画像の拡大・縮小および
移動となっております。
しかし、オブジェクトというのは図面データそのものを含んでいますので、貼り付け後に
図形の拡大縮小はもちろんのこと、部分拡大や全体図を表示させたりすることが可能です。
またSXFファイルを編集可能な外部アプリケーションを登録することにより、貼付け先
オブジェクトの編集をおこなうことが出来ます。

3.インストール
LHAにて解凍を行うと「PNVX100」というフォルダが作成されます。そのなかにある
Setup.exeがインストーラですので、実行してください。

4.使い方
使用方法はHELPファイルをご覧ください。

5.著作権および免責事項

(1)著作権
このプログラムはフリーソフトウェアーです。
このプログラムの知的所有権は、作者であるkaZe'(Toru Suzuki)が有しております。
著作権者の権利を侵害する行為は、固くお断りいたします。
SXF入出力にあたっては、CAD データ交換標準ソフトウェアライブラリを使用しています。
CAD データ交換標準ソフトウェアライブラリの著作権は,情報処理振興事業協会および
JACIC、国土交通省に帰属します。詳細は添付ファイルの「kiyakuV3.pdf」をごらんください。

(2)免責事項
このプログラムを使用した事によって発生した損害は、一切補償いたしません。
このプログラムに不備があっても、作者はそれを訂正する義務を負いません。

(3)転載及び配布
転載・配布については、下記の条件のもと自由に行うことができます。
1)あらかじめ、作者の了解を得ること。
2)オリジナルなファイル形態で行うこと。

(4)バグフィックス
本ソフトウエアの不具合等については、対応可能な範囲で対処をおこなうつもりでおります。


■今回のバージョンアップ内容

・文字の傾きの表示バグ修正。
・画像精度の改良
・縮尺設定
・バージョン表示
・ズーム処理改良
・カーソル形状追加
・その他


■注意事項!

オブジェクトフォーマットの変更をおこないました。
Ver0.12で貼り付けたオブジェクトは当バージョンで編集することはできません。
必要であれば、当バージョンでの更新(新規作成)をおこなってください。
なお、当バージョン以降のオブジェクトフォーマットの互換性は保持されます。

ダウンロードファイル名を『PNVX100.lzh』としてください。
バージョン:  1.00  日付: 2007年2月11日   評価: 0.00   6934     959.01 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: daioh_
  pnWorkJ    回数
===========================================================
【ソフト名】 pnWorkJ
【バージョン 】 0.60.1
【登 録 名】 PNWJ060.lzh
【著作権者】 kaZe'
【動作環境】 Windows98/ME/2000/XP
【登録月日】 2006/04/02
【分 類】 フリーソフト
【転 載 等】 可
===========================================================
1.ソフト内容
pnWorkJはOLE対応のJWW/JWCファイルビューワーです。 2.特徴
最大の特徴は、OLEコンテナ機能に対応していることです。
具体的には、ワードやエクセル、一太郎、AutoCAD、pnViewJと
いったOLEサーバー機能に対応したアプリケーションから
ドキュメント(アプリケーションの文書、表、図面等)をJWW
図面上にオブジェクトとして貼り付けることができます。
JWW上の通常の画像貼り付けでは、貼り付け後におこなえる操作
としては、拡大・縮小および移動となっております。
しかし、pnWorkJ上での貼り付けオブジェクトはアプリケーション
データを含んでいますから、貼り付け後に、OLE機能を使って
データを編集したりアプリケーション固有の操作を実行することが
できます。
またJw_cadを外部アプリケーションとして登録しておけば、
読み込んだJWWファイルを編集することもできます。
なお、オブジェクトは、希望する位置、大きさでいくつでも
貼り付けることができます。

3.インストール
LHAにて解凍を行うと「PNWJ060」というフォルダが生成されます。
そのフォルダには2つのファイルが生成されます。
Readme.txt(このファイル自身)/Setup.exe
そのSetup.exeがインストーラですので、実行してください。

4.使い方
使用方法はHELPファイルをご覧ください。

5.著作権および免責事項

(1)著作権
このプログラムはフリーソフトウェアーです。
このプログラムの知的所有権は、作者であるkaZe'(Toru Suzuki)が有しております。
著作権者の権利を侵害する行為は、固くお断りいたします。

(2)免責事項
このプログラムを使用した事によって発生した損害は、一切補償いたしません。
このプログラムに不備があっても、作者はそれを訂正する義務を負いません。

(3)転載及び配布
転載・配布については、下記の条件のもと自由に行うことができます。
1)あらかじめ、作者の了解を得てください。
2)オリジナルなファイル形態で配布等行なうこと。

(4)バグフィックス
本ソフトウエアの不具合等については、対応可能な範囲で対処をおこなうつもりでおります。

■特記事項

・サンプルファイルを添付しましたので、pnWorkJで開いて見てください。
< サンプルファイルは、pnWorkJがインストールされたフォルダに存在します>

ダウンロードファイル名を『PNWJ060.lzh』としてください。
バージョン:  0.601  日付: 2007年2月11日   評価: 0.00   6099     2.97 MB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  
カテゴリ: CADユーティリティ ファイル提供: daioh_
  Vxj32    回数
===========================================================
【ソフト名】 Vxj32 Ver3.60a
【登 録 名】 Vxj32360a.LZH
【著作権者】 kaZe'(kaze-@nifty.com_NoSpam)
【動作環境】 Windows95/98/2000/XP
【登録月日】 2004/06/08
【分 類】 シェアウエア(\2,000)
【転 載 等】 転載・配布共に可(HELP参照)。
===========================================================
【重要】
Ver3.60aはVer3.60の不具合の修正バージョンです。
Ver3.60では Windows9**系(含むMe)で表示に障害が発生します。
Ver3.60では 画像処理の一部に不具合がありました。
Ver3.60aでは 表示速度の改善を行っています。
以下3.60の説明です。 1.ソフト内容
Vxj32はCADデータおよび画像ファイルのマルチビューワです。

2.特徴
■多様なファイル形式に対応
CADデータは、DXF・DWG・JWW・JWC・JWK・SFC・P21に対応。
画像ファイルは、BMP・JPG・WMF・EMFに対応。
さらにSusie-Pluginを読込むことにより様々な画像ファイルを
表示することができます。

■マルチファイル、マルチスクリーン
複数の図面、画像ファイルを読み込表示することができます。
一覧表示が可能で、それぞれの図面・画像について拡大、縮小、
移動をおこなうことが出来ます。

■軽快な操作性
マウスホイールによるズーム機能、両釦ドラッグによる画面移動、
ダブルクリックによるワンタッチ印刷等々。

■強力な印刷機能
複数の図面に対する連続一括印刷機能、および一枚の図面に対する
分割印刷出力機能も装備。

■画像コンバート機能
図面ファイルを画像ファイルとして変換出力することが出来ます。
保存ファイルはBMP・JPG・EMFの選択ができます。

■クリップボード処理
表示画像を、クリップボードを介して他のアプリケーション
(ワードやエクセル)の文書データに貼り付けることができます。
画像タイプはBMP・EMFをサポートしています。

■カタログ機能
カタログページにあらかじめ図面を登録しておくことにより、作業
ファイルのグループ化、あるいはプレゼンテーションツールとして
の活用をはかることが出来ます。

■表示機能
ファイルタイプに対応して線種ピッチおよび線幅を表示できるよう
にしました。

■エクスプローラーライクなフォルダーツリー装備
フォルダ、ファイルの選択・登録を効率よくおこなうことができます。
図面のコピー、移動、リネーム、削除の簡易ファイラー機能を装備して
います。


3.今回の変更内容
■ホイール釦ドラッグに合わせて画面が移動するように表示ルーチン改良。
■JWライクな両釦ドラッグ拡大や、両釦クリック画面移動処理を復活。
■マウスホイールの回転方向を設定できるようにした(拡大、縮小)。
■ノートパソコン対応として、ホイール釦無しモードを設けた。
■ホイール釦クリックに画面移動(中心)機能を割り当てた。
■小さな円が表示されない不具合修正。
■小さな丸の表示色不具合修正。
■メタファイルの背景色のベタ塗りに対応。
■多数画面整列時、右端に不要なスルロールバーが表示されることがある不具合修正。
■画像リストモードで、全画面表示から一覧に戻ったときの表示不具合修正。
■DWGファイルにおいて、特定のファイルでの読込み不具合修正。
■DXF,DWGにおけるレイヤーに依存しない、線種、線色の表示不具合修正。
■マルチテキストの表示一部不具合修正。
■印刷および画像変換出力およびクリップボード出力において、出力色をモノクロ、グレ
ー、カラーの3モードが選択できるよう改良した。
■SXF点マーカの表示対応整備。
■SXFの線種データ設定ミス修正。
■SXF文字の縦書き表示不具合修正。
■SXF文字スラント角表示改善。

4.インストール
LHAにて解凍を行うとVXJ32360aというフォルダが生成されます。
そのフォルダのSetup.exeを実行してください。

5.アンインストール
コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」を
実行してください。

6.試用について
Vxj32は、シェアウエアです。ユーザー登録されていないと画面に
「Vxj32 for Windows」の文字が表示されます。機能制限はして
おりませんから、充分試用していただいて気に入ったらユーザー
登録してください。

7.ユーザー登録について
「C-PAS」にてお願いします。料金は¥2,000(税込み)です。

8.著作権および免責事項
著作権はkaZe'(T. Suzuki)が所有しています。このプログラムを
使用した事による、いかなる損害にも作者は責任を負いません。
バージョン:  3.60a  日付: 2007年2月11日   評価: 0.00   2235     3.27 MB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |