建築コミュニティポータル:昔の名前で頑張ってます


2018年2月25日(日) 18:58 JST

ファイル管理

メイン : Jw_cad : 旧Ver : 
カテゴリ: Jw_cad 旧Ver ファイル提供: daioh_
  Jw_cad Version 5.20    回数
--------------------------------------------------------------------------
【ソフト名】 2次元汎用CAD Jw_cad Version 5.20
【登 録 名】 Jww520.exe Jw_cad Version 5.20
【動作環境】 Windows95, 98, Me/ NT4.0, 2000, XP
【著作権者】 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka
【使用言語】 Visual C++ 5.0 MFC 4.21
【掲載月日】 2007/09/20
---------------------------------------------------------------------------
半年ぶりのバージョンアップ。V.5.20です。
改正建築基準法を視野に入れた日影図・天空図の新機能、Vistaでの使用を考慮した
修正に加え、いくつかの変更を行っています。

---------------------------------------------------------------------------
自己解凍書庫形式となっています。実行するとインストール先を聞いてきます。
標準では「C:\jww」となっていますので、必要があれば変更してから[OK]ボタ
ンを押してください。ファイルの解凍が終わると、インストールが始まるので、
[OK]ボタンを押すと、スタートメニューに実行ファイル等のショートカットが
登録されます。
アンインストールする場合は、スタートメニューから「Jw_cad のアンインストー
ル」を選ぶか、コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」から
「Jw_cad」を選んでください。

著作権、使用条件等はこのドキュメントの最後をご覧ください。

---------------------------------------------------------------------------
◆Version 5.20 での変更点は以下のとおりです。(2007/09/20)

・日影図コマンドに[影倍率表]、[日影長さ表]および[方位角倍率図]作成機能を追
加した。
(日影図コマンドの[日影図]を選択すると項目が表示される)
・天空図コマンドに[天空率比較計算]機能を追加した。
(書込文字種は環境設定ファイルの「TNKZ_SET」の⑤、⑧参照)
・jwwファイルへの関連付けを、Jw_cad本体で行わず、インストールプログラムで行
うようにした。
・ヘルプファイルをhtml形式に変更し、内容をリニューアルした。
・Vistaで使用する際などにクロックメニュー表示がもたつく現象を回避した。
・印刷時における、既定線色の線幅の基準値を600dpiとした。
・外部変形「JWW_SMPL.EXE」の起動オプションに「/C」を追加した
(JWW_SMPL.BAT参照)。
・選択コマンドの<属性選択>ダイアログに《指定属性除外》追加し、仕様の一部を
変更した。
([<属性選択>]と[属性変更]のダイアログの表示を変更)
・建具平面、断面および立面に内法寸法の初期値を設定できる機能を追加した。
(「JW_OPT1.DAT」の[6]、JW_OPT3D.DATの[5]参照)
・円弧コマンドの[基点]ボタンに基点位置を表示するようにした。
・範囲選択のデータ選択後、クロックメニュー左AM4時を「追加範囲」にする設定
を追加した(環境設定ファイル「SL_SET」の③の千位参照)。
・複写(移動)コマンドで、複写(移動)図形を配置した後、コントロールバー左
の[/]ボタンを押すと、配置操作を含めて、移動(複写)コマンドに切り替わる機
能を追加した。
・複写コマンドで[複写図形選択]指定の場合、複写した図形が[前範囲]になる
ようにした。
・キーコマンドとAUTOモードのクロックメニューに外部エディタ(59)を追加した。
・任意多角形のときに割り込み処理した場合に任意多角形に戻るようにした。
・ キーコマンド[76]でペースト、図形、線記号変形のときの角度変更値を指定できる
ようにした。(環境設定ファイル「KEY76」の②参照)
・環境設定ファイルで「寸法コマンドのとき文字端点を読取らない設定」をした場
合は寸法図形の寸法値の端点も読取らないようにした。
・データ整理で曲線属性データは同一曲線属性データ内でのみ整理するようにした。
・中心線コマンドをAUTOモードまたは一時的使用の場合に、元のコマンドに戻らな
いバグをフィックスした。
・表示のみレイヤの線と編集可能レイヤの線が重なっている場合に伸縮コマンドで
切断が出来ないことがあるバグをフィックスした。
・ブロック編集後、図形消去をおこなっってからUndoでブロック編集前に戻ろうと
すると異常終了するバグをフィックスした。

---------------------------------------------------------------------------
著作権および使用条件
(1)著作権

 このプログラムはフリーソフトウェアーです。
 このプログラム、ドキュメントおよび付属ファイルの知的所有権は、以下のとお
り著作権者が有します。

    Copyright (C)1997-2007 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka

 著作権者の権利を侵害する行為は、固くお断りいたします。
 ただし、このプログラムの複写・使用はどなたでも自由に行う事ができます。
 このプログラムの対価として、著作権者に金銭を支払う必要はありません。

(2)免責事項

 このプログラムを使用した事によって発生した損害は、一切補償しません。
 このプログラムに不備があっても、作者はそれを訂正する義務を負いません。

(3)転載及び配布

 転載・配布の際は、下記の条件を守ってください。
 ただし、テスト版については、手渡しの配布を禁じます。

  1)プログラムを改変しないこと。
  2)このままの形態で配布すること。

 書籍、雑誌等への収録については、あらかじめご相談ください。

(4)サンプルデータ及び画面の使用制限

 添付のサンプルデータまたはプログラムの動作画面を含んだドキュメントを有
償で配布する場合は、事前にご相談ください。

(5)フリーソフトウェアの表示

 このプログラム、または付属するドキュメントを配布する場合、およびCADス
クール等の教材として使用する場合、この項目(著作権および使用条件)の内容を
プリントアウトして、配布するようにしてください。ただし、実費以上の金銭の授
受を行わないときは、この限りではありません。

(6)プログラムの修正

 個人で使用する際に、プログラムを修正することは差し支えありませんが、その
場合でも、著作権表示は変更しないでください。修正を加えたプログラムを配布す
ることは、ご遠慮ください。

(7)バグフィックス

 操作法や動作についてのお問い合わせは、作者のホームページ
(http://www.jwcad.net/)までお願いいたします。
メールでのお問い合わせには、原則としてお答えできません。
また、電話やFAX でのお問い合わせはご遠慮下さい。

 動作上の不具合が発見された場合は、できる限りバグフィックスを行い、作者の
ホームページにアップする予定です。

(8)SXF入出力
 SXF入出力にあたって、CAD データ交換標準ソフトウェアを使用していま
す。
 CAD データ交換標準ソフトウェアは,(財)日本建設情報総合センター
(以下「JACIC」といいます)が国土交通省の委託を受け,CAD データ交換標準開発
コンソーシアムの成果(CAD データ交換標準ソフトウェア{ver1.0})を改訂して
開発したもので,「CAD データ交換標準ソフトウェア{ver1.0}」と改訂作業部分
を合わせた全体を示します。したがって,CAD データ交換標準ソフトウェア{ver1.0}
に相当する部分の著作権は情報処理振興事業協会およびJACIC に,また,改訂作業
部分の著作権は国土交通省に帰属します。

Jw_cad 作者
清水 治郎(jiro_jw@jwcad.net_NO_SPAM) & 田中 善文
バージョン:  5.20  日付: 2007年9月25日   評価: 0.00   1467     4.93 MB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  

| 0 コメント | アカウント登録
サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。