建築コミュニティポータル:昔の名前で頑張ってます


2018年5月28日(月) 02:21 JST

ファイル管理

メイン : Jw_cad : 旧Ver : 
カテゴリ: Jw_cad 旧Ver ファイル提供: daioh_
  Jw_cad Version 4.03e    回数
---------------------------------------------------------------------------
【ソフト名】 2次元汎用CAD Jw_cad Version 4.03e
【登 録 名】 Jww403e.exe Jw_cad Version 4.03e
【動作環境】 Windows95, 98, Me/ NT4.0, 2000, XP
【著作権者】 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka
【使用言語】 Visual C++ 5.0 MFC 4.21
【掲載月日】 2004/09/20
---------------------------------------------------------------------------

 いくつかの機能追加とバグフィックスを行いました。。

<中略>

---------------------------------------------------------------------------
◆Version 4.03e での変更点は以下のとおりです。(2004/09/20)
・座標ファイルコマンドで連続線端部に文字(連続番号文字)と点を作成できるよ
うにした。
連続線データの後に「"文字」で連続線端部に文字と点が作図され、
「"数字"+増分」で「数字+増分」の値と点が次の端部に作図される
(増分を省略すると増分は「1」になる)。
記載例
0 0 "S
0 100 "1"+
100 100

・自動保存等の拡張子のファイルが読み込めない現象(V.4.03d)を回避した。
・クロックメニューから文字を指示して文字コマンドに移行したとき、コンボボッ
クスの文字列の選択が解除されてしまう現象jを回避した。
・座標ファイルコマンドで最初に読込んだデータの座標値を基準位置座標ダイアロ
グへ書込む指定を環境設定ファイルに追加した(環境設定ファイル「ZF_SET」
③参照)。
・縮尺が0/1のデータを読み込むと強制終了することがあるバグをフィックスした。

◆Version 4.03d での変更点は以下のとおりです。(2004/09/10)
・線記号変形のソリッド図形の実寸指定を有効にした。
・JWWで読めないファイルを作図ウィンドウへドラッグアンドドロップするとデータ
がない状態になってしまう現象を回避した。
・累進寸法をコピーし貼り付けると寸法値の位置が変わってしまうバグ(V4.03で発
生)をフィックスした。

◆Version 4.03c での変更点は以下のとおりです。(2004/09/09)
・ファイル保存の際、データの整合性のチェックを行う内部処理が原因で強制終了
することがあるバグをフィックスした。
・文字コマンドの貼付で改行のみの行以降が読取れないバグ(4.03で発生)をフィ
ックスした。

◆Version 4.03b での変更点は以下のとおりです。(2004/09/07)
・JWWファイルを表示するsusieプラグインがインストールされていると上書き保存
ができなくなくなる現象を回避した。

◆Version 4.03a での変更点は以下のとおりです。(2004/09/06)
・JWWファイルを表示するsusieプラグインがインストールされているとJWWファイル
が開けなくなる現象を回避した。
バージョン:  4.03e  日付: 2007年4月15日   評価: 0.00   987     2.48 MB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  

| 0 コメント | アカウント登録
サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。