建築コミュニティポータル:昔の名前で頑張ってます


2017年3月30日(木) 09:50 JST

ファイル管理

メイン : Jw_cad : 外部変形 : 
カテゴリ: Jw_cad 外部変形 ファイル提供: ゲストユーザー
  JWW外変 レイアウトもどき09    回数
==============================================================================
【名  称】 レイアウトもどき09
【登録名 】 layout09.zip
【制作者名】 小嶋 雄二
【動作環境】 Jw_cad 7.00a以降
【動作確認】 WindowsVista + Jw_cad 7.00a
【掲載月日】 17/1/18 (wed)
【展開方法】 lha x layout09.zip
【開発言語】 Borland C++5.5.1
【取扱種別】 フリーソフト
【転載条件】 転載配布条件による.
==============================================================================
■このプログラムは JW-CAD for Windows の外部変形機能で、
 AotoCadのモデル空間、ペーパー空間の作図法を真似たものです。
 モデル図と数枚のレイアウト図で構成されます。
 AotoCadのように、モデル空間での作図がリアルタイムでペーパー空間に反映される
 わけではありません。

 モデル図を数か所の補助線の四角形で区分します。
 座標ファイル作成.batを実行すると、補助線の四角形ごとに座標ファイルが作成さ
 れます。
 レイアウト図に補助線の四角形を描画しておきます。
 座標ファイル読込.batを実行すると、補助線の四角形内に座標ファイルが作図され
 ます。
 線色1の補助線四角形は、座標ファイル名:hp1.txtの作成及び読込
 線色2の補助線四角形は、座標ファイル名:hp2.txtの作成及び読込
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 で関連つけされています。
 モデル図を修正して、座標ファイル作成.batを実行。
 レイアウト図で座標ファイル読込.batで、レイアウト図が更新されます。
 (更新されるのは補助線四角形内のみです)
 レイアウト図の図面タイトルや描画内容はそのままで、補助線四角形内のみ更新しま
 す。
 但し、座標ファイル読込.bat実行時に範囲選択に含めると消去されます。

■前回との変更点
 補助線多角形の切取範囲に対応しました。(座標ファイル作成t.bat)
 (多角形のビューポート可)

レイアウトもどき08 DL数481
レイアウトもどき07 DL数45
レイアウトもどき06 DL数27
レイアウトもどき04 DL数732
レイアウトもどき03 DL数265
レイアウトもどき02 DL数131
レイアウトもどき DL数246
バージョン:  09  日付: 2017年1月18日   評価: 0.00   128     421.59 KB  
  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  

| 0 コメント | アカウント登録
サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。