建築コミュニティポータル:昔の名前で頑張ってます


2017年12月12日(火) 13:19 JST

ファイル管理

メイン : Jw_cad : 外部変形 : 
カテゴリ: Jw_cad 外部変形 ファイル提供: daioh_
  配管作図 for JWW    回数
=====================================================================
【名  称】 配管作図 for JWW Ver0.3b
【登録名 】 haikan03b.lzh
【制作者名】 小嶋 雄二
【動作環境】 mswin32-ruby 1.8.1以降 / Jw_cad 4.03g以降
【動作確認】 WindowsXp + Jw_cad 4.02C + mswin32-ruby 1.8.1
【掲載月日】 04/12/20 (man)
【展開方法】 lha x haikan0.3b.lzh
【開発言語】 mswin32-ruby 1.8.1
【取扱種別】 フリーソフト
【転載条件】 転載配布条件による.
=====================================================================
■このプログラムは JW-CAD for Windows の外部変形機能を利用し、設備配管図面
 を効率良く作成して、且つ、その図面から管の長さ及び工数を積算するスクリプト
 です。

  1. 細目別に次のようにレイヤグループ分けされます。
屋内一般配管:レイヤグループ1 機械室・便所配管:レイヤグループ2
屋外配管:レイヤグループ3  地中埋設配管:レイヤグループ4

  2. 配管中心線、配管線の作図レイヤは、仕様.txtで指定します。

    積算用の指定線の作図レイヤは、「2点指示」作図のみ、仕様.txtで指定します
「範囲一括」、「線指示」作図では、継手配置用の「線記号変形」で決定します。
変更する場合は、「線記号変形」を編集します。

■前回との変更点
歩掛(補完率・単位工数)の値が、管種別番号+1 の歩掛値になるバグを修正。

■使用方法

はじめに.

・このスクリプトは、mswin32 版 Ruby を前提に書かれています。
牛渡さんのwebサイトに必要なライブラリを集めたパッケージが用意して
  ありますので、解説を参考に導入して下さい。
   http://www61.tok2.com/home2/gravelroad/libraries.html

・圧縮ファイルを任意のフォルダに解凍して下さい。(フォルダ付で解凍したほうが
  便利です。)


使い方

・詳しい使用法は、それぞれのサブフォルダに操作説明書又は
   サンプル図面(サンプル1.JWW サンプル2.JWW サンプル3.JWW) を用意しています
ので参照してください。

・継手配置用の線記号変形集におさめられている継手は、突合せ溶接継手及び
ネジ込み継手のみです。(ウデが足りないのと、私の使用環境がこれだけな
もので。)

・上記以外の継手を使用される場合は、登録図形等による継手の配置終了後
   配管.BATから「2点指示」を選択して作図してください。

   図形データを線記号変形化する外部変形を新たに追加しましたので、自由に
図形データを線記号変形化できます。

・立面図を作成する時は、平面図に表現されていない立上配管、立下配管、横走り 
   配管のみ、「積算有」で作図してください。
   それ以外は、「積算無」で作図してください。

   「積算有」で作図した場合は、平面図と表現が重複する部分の指定線を消去してく
    ださい。「横指定線消去」で、横指定線のみ消去できます。

・継手交換及び継手挿入や管伸縮等のスクリプトは、この外変で作図した配管線  
   でなければ動作しません。それ以外の場合は、選択された線は消去されます。

   継手がない状態で、包絡処理のように選択すると管同士を継手で接続します。

  ・Win9x/Me では、DOSプロンプトが残りますので、プロパティで、
   [終了時にウィンドウを閉じる] を指定して下さい。 次回から、プロンプトが
   自動で閉じるようになります。


■同梱ファイル
 このファイルには以下のファイルが圧縮されています.

1.haikan.TXT 今お読みのファイル
2.配管 .BAT メイン起動バッチファイル
3.サンプル1.JWW 2点指示での配管作図を解説したサンプル図面
4.サンプル2.JWW 範囲一括選択での配管作図を解説したサンプル図面
5.サンプル3.JWW 線指示での配管作図を解説したサンプル図面
6.サブフォルダ(配管作図)
    1)配管2点.BAT 2点指示配管のメイン起動バッチファイル
    2)範囲一括.BAT 範囲一括配管のメイン起動バッチファイル
    3)線指示.BAT  線指示一括配管のメイン起動バッチファイル
4)配管1.bat2点指示(積算有)起動バッチファイル
5)配管1.RB2点指示(積算有)Rubyスクリプトファイル
6)配管2.bat2点指示(積算無)起動バッチファイル
7)配管2.RB2点指示(積算無)Rubyスクリプトファイル
8)配管一括作図.BAT範囲一括作図(積算有)起動バッチファイル
9)配管一括作図.RB 範囲一括作図(積算有)Rubyスクリプトファイル
10)配管一括作図2.BAT範囲一括作図(積算無)起動バッチファイル
12)配管一括作図2.RB 範囲一括作図(積算無)Rubyスクリプトファイル
13)配管作図.BAT 線指示一括作図(積算有)起動バッチファイル
14)配管作図.RB 線指示一括作図(積算有)Rubyスクリプトファイル
15)配管作図2.BAT線指示一括作図(積算無)起動バッチファイル
16)配管作図2.RB 線指示一括作図(積算無)Rubyスクリプトファイル
17)仕様.txt     配管仕様を設定するtxtファイル
7.サブフォルダ(管伸縮)
1)管伸縮.bat管伸縮メイン起動バッチファイル
2)2管横延長LL.bat起動バッチファイル
3)2管横延長LL.rbRubyスクリプトファイル
4)2管横延長NL.bat起動バッチファイル
5)2管横延長NL.rbRubyスクリプトファイル
6)2管縦延長LL.bat起動バッチファイル
7)2管縦延長LL.rbRubyスクリプトファイル
8)2管縦延長NL.bat起動バッチファイル
9)2管縦延長NL.rbRubyスクリプトファイル
10)直角延長LL.bat起動バッチファイル
11)直角延長LL.rbRubyスクリプトファイル
12)直角延長NL.bat起動バッチファイル
13)直角延長NL.rbRubyスクリプトファイル
14)操作説明.rbRubyスクリプトファイル
15)操作説明.doc使用法の説明書
8.サブフォルダ(継手)
1)継手.batメイン起動バッチファイル
2)直管部挿入.bat直管部挿入用メイン起動バッチファイル
3)L_T接続.bat起動バッチファイル
4)L_T接続.rbRubyスクリプトファイル
5)NL_NT接続.bat起動バッチファイル
6)NL_NT接続.rbRubyスクリプトファイル
7)T接続.bat起動バッチファイル
8)T接続.rbRubyスクリプトファイル
9)NT接続.bat起動バッチファイル
10)NT接続.rbRubyスクリプトファイル
11)継手交換LL.bat起動バッチファイル
12)継手交換LL.rbRubyスクリプトファイル
13)継手交換NL.bat起動バッチファイル
14)継手交換NL.rbRubyスクリプトファイル
15)継手交換LL上下.bat起動バッチファイル
16)継手交換LL上下.rbRubyスクリプトファイル
17)継手交換NL上下.bat起動バッチファイル
18)継手交換NL上下.rbRubyスクリプトファイル
19)継手挿入LL上.bat起動バッチファイル
20)継手挿入LL上.rbRubyスクリプトファイル
21)継手挿入LL下.bat起動バッチファイル
22)継手挿入LL下.rbRubyスクリプトファイル
23)継手挿入LL上下.bat起動バッチファイル
24)継手挿入LL上下.rbRubyスクリプトファイル
25)継手挿入NL上.bat起動バッチファイル
26)継手挿入NL上.rbRubyスクリプトファイル
27)継手挿入NL下.bat起動バッチファイル
28)継手挿入NL下.rbRubyスクリプトファイル
29)継手挿入NL上下.bat起動バッチファイル
30)継手挿入NL上下.rbRubyスクリプトファイル
31)継手挿入UNI.bat起動バッチファイル
32)継手挿入UNI.rbRubyスクリプトファイル
33)継手挿入5KF.bat起動バッチファイル
34)継手挿入5KF.rbRubyスクリプトファイル
35)継手挿入10KF.bat起動バッチファイル
36)継手挿入10KF.rbRubyスクリプトファイル
37)操作説明.rb Rubyスクリプトファイル
38)操作説明.doc使用法の説明書
9.サブフォルダ(線記号変形)
1)線記号変形.batメイン起動バッチファイル
2)線記号変形.rb Rubyスクリプトファイル
3)線記号変形2.rbRubyスクリプトファイル
4)属性変更.rb Rubyスクリプトファイル
5)属性変更2.rb Rubyスクリプトファイル
6)操作説明.rb Rubyスクリプトファイル
7)操作説明.doc使用法の説明書
8)PATH.txtdatファイルのあるフォルダを指定
9)属性.txtdatファイルの属性を記憶させるファイル
10)ねじこみ継手配置用の線記号変形集
11)溶接継手配置用の線記号変形集
12)弁配置用の線記号変形集
13)フレキ配置用の線記号変形集
14)ストレーナ配置用の線記号変形集
15)線幅変更用の線記号変形集
10.サブフォルダ(積算)
1)積算.batメイン起動バッチファイル
2)管長一覧.rb   Rubyスクリプトファイル
3)工数一覧.rb   Rubyスクリプトファイル
4)横指定線消去.rb   Rubyスクリプトファイル
5)操作説明.rb Rubyスクリプトファイル
6)操作説明.doc使用法の説明書
7)仕様.txt     配管仕様設定するtxtファイル
サブフォルダ(積算値)
1)管長一覧.txt積算した管長集計の書出先
2)工数一覧.txt積算した工数集計の書出先
サブフォルダ(歩掛)
1)歩掛.xls各歩掛.txt編集用のexcelファイル
2)歩掛1.txt屋内一般配管用歩掛
3)歩掛2.txt機械室・便所配管用歩掛
4)歩掛3.txt屋外配管用歩掛
5)歩掛4.txt地中埋設配管用歩掛
■謝辞
JW_CADはもちろん,Ruby等の有用なプログラムを無償で提供して下さっ
ている方々にこの場を借りてお礼申し上げます。
また、弁等の線記号変形の作成には「JW_CAD用機械設備図形集」を使用
    させていただきました。(登録名 SETUBI.LZH)
かさねて、お礼申し上げます。
■転載配布
(1) 著作権
このプログラムはフリーソフトウェアです.
このプログラムの著作権は コジマ が所有しています.
著作権者の権利を侵害する行為は,固くお断り致します.
但し,このプログラムの複写・使用はどなたでも自由に行う事が出来ます.
このプログラムの対価として,著作権者に金銭等を支払う必要はありません

(2) 免責事項
このプログラムを使用した事によって発生した損害は,一切保証しません.
このプログラムに不備があっても,作者はそれを訂正する義務を負いません.

(3) 転載及び配布
転載・配布の際は,下記の条件を守って下さい.
1)プログラムを改変しないこと.
2)このファイル内のアーカイブファイルの内容をまとめて配布すること.
 書籍・雑誌等への収録および他のネットへの転載については,あらかじめ
ご相談下さい.

(4) フリーソフトウェアの表示
このプログラム,または付属するドキュメントを配布する場合,このファイ
ルをプリントアウトして配布するようにして下さい.

(5) プログラムの修正
個人で使用する際に,プログラムを修正する事は差し支えありません.
修正を加えたプログラムをアップロード等するときはメールを下さい.
但し,商用目的の場合は禁じます.

(6) その他
バグやご意見等ありましたらご連絡ください.

=====================================================================

ダウンロードファイル名を『haikan03b.lzh』としてください。
バージョン:  0.3b  日付: 2007年2月12日   評価: 0.00   5131     1.11 MB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  

| 0 コメント | アカウント登録
サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。