建築コミュニティポータル:昔の名前で頑張ってます


2018年5月23日(水) 14:30 JST

ファイル管理

メイン : Jw_cad : 旧Ver : 
カテゴリ: Jw_cad 旧Ver ファイル提供: daioh_
  2次元汎用CAD Jw_cad Version 8.00a    回数
--------------------------------------------------------------------------
【ソフト名】 2次元汎用CAD Jw_cad Version 8.00a
【登 録 名】 Jww800.exe Jw_cad Version 8.00a
【動作環境】 Windows Vista, 7, 8
【著作権者】 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka
【使用言語】 Microsoft Visual C++ in Visual Studio 2013
【掲載月日】 2015/01/18
---------------------------------------------------------------------------
 すべてに対応できたわけではありませんが、修正版をアップします。
---------------------------------------------------------------------------
 約3年ぶりの更新となります。一部安定しないところがあるようです。
 画面表示がうまくいかない場合は、表示メニューの「Direct2D」のチェック
をはずしてください。

インストーラーに、InstallShield を使用するようにしました。
 Jww800a.exe を開くとインストールが開始します。
著作権、使用条件等はこのドキュメントの最後をご覧ください。

---------------------------------------------------------------------------
◆Version 8.00a での変更点は以下のとおりです。(2015/01/18)

・表示をDirect2Dに設定した際の以下のバグをフィックスした。
 ・編集操作等の表示が遅くなる。
 ・「文字表示と枠表示の切替ドット数」を2に設定し、文字を縮小表示した
  とき、「m_pDWriteTxtFmt 失敗」というエラーが出る。
 ・「文字の範囲を背景色で描画」に設定し、白バック画面にすると文字の部
  分が塗りつぶされて表示される。
 ・ソリッドを任意色以外の色に設定すると、黒く表示されてしまう。
 ・仮点が表示されない。

---------------------------------------------------------------------------
◆Version 8.00 での変更点は以下のとおりです。(2015/01/12)

・画面表示にDirect2Dを使用するようにした。

・Windows8 のタッチ操作に対応した。
 (ピンチまたはストレッチによるズーム、スライドによるスクロール)

・Shift+両ボタン(または左ボタン)ドラッグで、画面がスライドするように
 した。
 (基本設定→[一般(2)] で左ボタンドラッグによるスライドを指定したとき
  は、包絡コマンドの[Shift+左ボタン]による中間線消去は使用できない)

・ファイル選択にコモンダイアログを使用できるようにした。
 (基本設定→[一般(1)] )

・建具(平面、断面、立面)でソリッド図形と楕円を使用できるようにした。
 (フォルダー「変更建具データ」内の
  「JW_OPT1.DAT」「JW_OPT3.DAT」のデータ説明参照)

・記号のソリッド図形に一部機能を追加した。
 (フォルダー「変更建具データ」内の「JW_OPT4.DAT」のデータ説明参照)

・ファイル名の部分表示を追加し、印刷時に使用できるようにした。
&fsn (n=1~9):
   半角スペースで区切られたファイル名の左から数えてn個目の文字列
例:ファイル名が「A-1001 2階平面 詳細図3」のとき
 「&fs1」→「A-1001」「&fs2」→「2階平面」「&fs3」→「詳細図3」

・AUTO以外で[消去]を2回選択すると連続範囲選択消去、[寸法]を2回選択す
 ると寸法角度が 90°と 0°の切換えになるようにした
 (環境設定ファイル「S_COMM_9」の 4 を参照)

・FILE選択ダイアログの画面最大分割数を32まで設定できるようにした。
 (環境設定ファイル「S_COMM_0」の 10 を参照)

・環境設定ファイルの「文字入力ダイアログの縦サイズ」の標準値を変更した。
 (環境設定ファイル「MSET」の 5 を参照)

・包絡に「建具線端点と包絡」を追加した。

・分割コマンドに円全周分割を追加した。
 (分割数入力→右クリックで分割始点指示→分割する円を右クリックで指示)

・DXF出力の際、線種名が空の線が出力されエラーとなる現象を回避した。

・3DS出力を廃止した。

・インストーラーに InstallShield を使用するようにした。



---------------------------------------------------------------------------
著作権および使用条件
(1)著作権

 このプログラムはフリーソフトウェアーです。
 このプログラム、ドキュメントおよび付属ファイルの知的所有権は、以下のとお
り著作権者が有します。

    Copyright (C)1997-2015 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka

 著作権者の権利を侵害する行為は、固くお断りいたします。
 ただし、このプログラムの複写・使用はどなたでも自由に行う事ができます。
 このプログラムの対価として、著作権者に金銭を支払う必要はありません。

(2)免責事項

 このプログラムを使用した事によって発生した損害は、一切補償しません。
 このプログラムに不備があっても、作者はそれを訂正する義務を負いません。

(3)転載及び配布

 転載・配布の際は、下記の条件を守ってください。
 ただし、テスト版については、手渡しの配布を禁じます。

  1)プログラムを改変しないこと。
  2)このままの形態で配布すること。

 書籍、雑誌等への収録については、あらかじめご相談ください。

(4)サンプルデータ及び画面の使用制限

 添付のサンプルデータまたはプログラムの動作画面を含んだドキュメントを有償
で配布する場合は、事前にご相談ください。

(5)フリーソフトウェアの表示

 このプログラム、または付属するドキュメントを配布する場合、およびCADス
クール等の教材として使用する場合、この項目(著作権および使用条件)の内容を
プリントアウトして、配布するようにしてください。ただし、実費以上の金銭の授
受を行わないときは、この限りではありません。

(6)プログラムの修正

 個人で使用する際に、プログラムを修正することは差し支えありませんが、その
場合でも、著作権表示は変更しないでください。修正を加えたプログラムを配布す
ることは、ご遠慮ください。

(7)バグフィックス

 操作法や動作についてのお問い合わせは、作者のホームページ
(http://www.jwcad.net/)までお願いいたします。
メールでのお問い合わせには、原則としてお答えできません。
また、電話やFAX でのお問い合わせはご遠慮下さい。

 動作上の不具合が発見された場合は、できる限りバグフィックスを行い、作者の
ホームページにアップする予定です。

(8)SXF入出力
 SXF入出力にあたって、CAD データ交換標準ソフトウェアを使用してい
ます。
 CAD データ交換標準ソフトウェアは,(財)日本建設情報総合センター
(以下「JACIC」といいます)が国土交通省の委託を受け,CAD データ交換標準開発
コンソーシアムの成果(CAD データ交換標準ソフトウェア{ver1.0})を改訂して
開発したもので,「CAD データ交換標準ソフトウェア{ver1.0}」と改訂作業部分
を合わせた全体を示します。したがって,CAD データ交換標準ソフトウェア
{ver1.0}に相当する部分の著作権は情報処理振興事業協会およびJACIC に,また,
改訂作業部分の著作権は国土交通省に帰属します。

(9)データ圧縮
 画像データの圧縮には、zlibのライブラリを使用しています。有用なソフトウェア
を公開された Jean-loup Gailly and Mark Adler 両氏に謝意を表します。

(10)SPEEDデータ読込
 SPEEDデータの読込に使用する view_speed.exe には、以下のライブラリを使用し
ています。
 ・SPEED Library 2.0 powered by Shade / Shade (C)2009 e frontier Inc.
 ・GLUI v2.3.6
 ・GLUI 日本語対応版

Jw_cad 作者
清水 治郎 & 田中 善文
バージョン:  8.00a  日付: 2015年1月18日   評価: 0.00   1093     9.42 MB  
  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  

| 0 コメント | アカウント登録
サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。