建築コミュニティポータル:昔の名前で頑張ってます


2018年8月21日(火) 00:18 JST

ファイル管理

メイン : Jw_cad : 外部変形 : 
カテゴリ: Jw_cad 外部変形 ファイル提供: daioh_
  Seen Lite Rc    回数
===================================================================
【ソフト名】 Seen Lite Rc 完結2版
【登 録 名】 Seen Lite Rc / JW_CAD 外部変形
【著作権者】 なし ( 管理人 Kazuo Miyake )
【動作環境】 Windows95/Windows2000
【解凍方法】 自己解凍書庫
【ソフト種別】 awk, ruby による JW_CAD 外部変形
【転載条件】 なし
【公 開 日】 2007.01.11
====================================================================
【ソフト紹介】
  鉛筆 と 消しゴムを利用して図面を描いていた頃の作業をイメージ
 して作成した JW_CAD 外部変形 の Rc造関係のコマンド群です。
  作業場面(シーン)ごとに作りました。   構造図作成・鉄筋加工準備・施工図作成などの構造関係の方に向いて
 いると思います。

  RC柱・梁の断面枠、鉄筋記号、アンカー、フックなどあります。
  基本動作ばかりです。

  本ソフトはフリーソフトで著作権も放棄しています。
  だだ awk, ruby, jw_cad には 著作権があるため それぞれの制約に
 は十分に気を配ってください。

【訂正内容】
 ◇今回( 完結2版です )
訂正は ruby版 の ライブラリの改訂のみです。
Seen Lite Rc の 主プログラムには手を加えていません。
  1)ruby版 データ入力ライブラリ Jwc_temp.rb のいくつかのバグをと
りました。スケールは hs[lg.hex] のほか awk版と同じように hs[lg]
にも対応しました。
  2)ruby版 標準作図用ライブラリ Draw.rb のいくつかのバグをとりま
した。
3)ruby版 データ入力ライブラリ Jwc_temp.rb で 寸法図形 ソリッド
データ ブロック図形に仮対応しています。V5.10 で追加された 用紙サ
イズに対応しました。
 ◇前回
  1)gawk-3.1.5 日本語版(2006年2月20日,2006年2月27日)は仮対応にし
 ました。
  → Seen Lite Rc は (おそらく)問題なく動作します。
  2)awk版 鉄筋記号作図用ライブラリの仕様を変更しました。
  3)awk版 標準作図用ライブラリの関数を追加しました。
  4)ruby版 標準作図用ライブラリの関数 s_bai( )の仕様を一部変更し
 ました。
 ◇前々回
  1)gawk-3.1.5 日本語版(2006年2月20日)に対応しました。
  → 標準作図ライブラリ draw.awk Han( ) の変更など。
  → gawk-3.0.6+mb1.15 と mawk MBCS (32bit版) Rel. 27 対応済。
  2)awk版 プログラムを読みやすく整理しました。
  gawk の 最新版 gawk-3.1.5 の 日本語版のバイナリー版が最近公開
 されていることを知り、動作確認を行いました。 マルチバイト関係の
 組み込み関数 jlength( ), jsubstr( ), jindex( ) などが利用できな
 いようで、今回の改定では、それらの関数の利用をやめました。

【使い方】
 使い方の詳細は 管理人のホームページ
  http://www17.ocn.ne.jp/~lite/ にあります。
====================================================================
ダウンロードファイル名を『rclite.exe』としてください。
バージョン:  1.2  日付: 2007年2月12日   評価: 0.00   1128     334.13 KB  
コメント作成  |  ダウンロード  |  全文表示  |  このファイルを評価  |  破損ファイル  |  

| 0 コメント | アカウント登録
サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。