建築コミュニティポータル:昔の名前で頑張ってます


2018年4月20日(金) 15:45 JST

05.DXFファイルの構成 05.DXFファイルの構成

DXFファイルの構成
ここではDXFファイルの構成について書きます。
DXFファイルはテキストファイルですので、エディターやWindows付属のメモ帳で簡単に開けます。
(バイナリファイルのDXFもあるようですが、ほとんど利用されていないようです)
DXFファイルの構成(R12Jまで)
HEADER ヘッダーセクション ヘッダーセクションには、AutoCADのシステム情報や、図面範囲等の図面情報データが記載されています。
DXFのバージョンもここに書かれています。
TABLE テーブルセクション テーブルセクションは、線種、レイヤ(レイヤ名)、スタイル、等が記載されます。
BLOCK ブロックセクション ブロックセクションは、ブロック図形のデータが記載されています。
ブロック図形は対応しているCADが少ないようです
ENTITIES エンティティセクション エンティティセクションには、各種図面データ情報が記載されます。
DXFのバージョンによって対応している項目が違います。
EOF DXFファイルの終了 データの最後に、ファイルの終了の印 EOF があります。
EOFとは End Of Fileの略です。

DXFファイルの構成(R13以降)
HEADER ヘッダーセクション ヘッダーセクションには、AutoCADのシステム情報や、図面範囲等の図面情報データが記載されています。
DXFのバージョンもここに書かれています。
CLASSES クラスセクション AutoCADアプリケーションプログラムを使用した場合に現れるC++のクラスライブラリーのデータが格納される
TABLE テーブルセクション テーブルセクションは、線種、レイヤ(レイヤ名)、スタイル、等が記載されます。
BLOCK ブロックセクション ブロックセクションは、ブロック図形のデータが記載されています。
ブロック図形は対応しているCADが少ないようです
ENTITIES エンティティセクション エンティティセクションには、各種図面データ情報が記載されます。
DXFのバージョンによって対応している項目が違います。
OBJECTS オブジェクトセクション R13Jより追加された、GROUPとMLINEのデータが格納される。
EOF DXFファイルの終了 データの最後に、ファイルの終了の印 EOF があります。
EOFとは End Of Fileの略です。
参考文献、「新・DXFリファレンスガイド」(落合重紀著:日経BP社)2001/12/8加筆

閲覧件数:1,981
日付:2011年9月23日(金) 17:28 JST

[ カテゴリ | ファイル変換について ]