建築コミュニティポータル:昔の名前で頑張ってます


2018年8月18日(土) 06:37 JST

Windows編: 11 Windows 2000 起動ディスク Windows編: 11 Windows 2000 起動ディスク

Q: Windows 2000でインストール用起動ディスクではなく MS-DOSの起動ディスクを作成する方法は?


A:BIOS アップデートなどで DOS の起動ディスクが必要になることがありますが
 Windows2000でも MS DOS 6.2/V の起動ディスクを作成することができます。

  1. Windows 2000 を起動します。
  2. CD-ROM ドライブに Windows 2000 CD-ROM を、FDD に空のフロッピーディスクをセットします。
  3. [スタート][プログラム][アクセサリ] から「コマンドプロンプト」を起動します。
      以下のコマンドを実行します。
       C:>D: (CDドライブ番号)
       D:>cd VALUEADD3RDPARTYCA_ANTIV
       D:VALUEADD3RDPARTYCA_ANTIV>MAKEDISK A:
       (ここで D は CD-ROMドライブのドライブレターです。)  
      これでフロッピーディスクがウィルススキャン用 DOS 起動ディスクになるのですが
      起動時にウィルスチェックがはじまるため Autoexec.bat を編集します
      エクスプローラで A ドライブの autoexec.bat ファイルを右クリックし、[編集] をクリック
      メモ帳が起動するので、最初の 2 行を残して削除します。
      変更を保存してメモ帳を閉じます。  

  注意:Windows 2000 に sys コマンドや format /s コマンドはありません。  
     format /s 相当のディスクにするために、上記手順で作成したFDから
    io.sys、msdos.sys、command.com 以外の全ファイルを削除します。


閲覧件数:1,009
日付:2011年9月23日(金) 17:28 JST

[ カテゴリ | コンピュータ全般 ]