建築コミュニティポータル:昔の名前で頑張ってます


2018年4月20日(金) 15:46 JST

計画 近代建築 001:ケネディ空港TWAターミナルは、ルイス・カーンによって設計されたプレキャストコンクリートのシェル構造によるターミナルで、コンクリートの可塑性を生かしたドラマティックな空間が特徴である。 計画 近代建築 001:ケネディ空港TWAターミナルは、ルイス・カーンによって設計されたプレキャストコンクリートのシェル構造によるターミナルで、コンクリートの可塑性を生かしたドラマティックな空間が特徴である。

×

ケネディ空港TWAターミナル(ニューヨーク、1962年)は、エーロ・サーリネンの設計で、
4枚のコンクリート・シェルからなる屋根が、翼を広げた鳥のよ うなシルエットに見えることで有名である。

閲覧件数:545
日付:2016年3月 7日(月) 17:52 JST

[ カテゴリ | 一級建築士 学科1 計画 ]