建築コミュニティポータル:昔の名前で頑張ってます


2018年8月17日(金) 07:23 JST

環境・設備 事務所ビルの空調・換気設備

シェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Bookmarks

事務所ビルの空調・換気設備における省エネルギー関して次のうち、最も不適当なものはどれか。

1.照明・コンセントの使用電力量を削減すると、これに伴って冷房負荷も減る
 ので、各種の省エネルギー対策上大きな効果がある。

2.間仕切りの無い開放的な事務室の一部に、OAコーナーなど高密度の内部発熱
 が集中する場合、局所排気方式を採用することは省エネルギー上有効である。

3.一般に、執務エリアは禁煙として、別に喫煙室を設ける分煙方式の導入は、建
 築物全体の省エネルギー上有効である。

4.深夜電力を用いた開放型蓄熱水槽方式の場合、一般に、同一規模の建築物では
 高層建築物になるほど、配管延長距離が集約できるので、省エネルギー上大きな
 効果がある。

続きを読むで解説が見れます

正解 4

解説  

1.は正しく .照明・コンセントの使用電力量を削減すると、これに伴って冷房負荷も減る
  ので、各種の省エネルギー対策上大きな効果がある。

2.は正しく 間仕切りの無い開放的な事務室の一部に、OAコーナーなど高密度の内部発熱
  が集中する場合、局所排気方式を採用することは省エネルギー上有効である。

3.は正しく 一般に、執務エリアは禁煙として、別に喫煙室を設ける分煙方式の導入は、建
  築物全体の省エネルギー上有効である。

4.は誤りで 開放型蓄熱水槽方式の場合、一般に、高層建築物になるほど、ポンプの汲
  み上げ動力が増加し、省エネルギー上は有効ではない。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://www.farchi.jp/trackback.php/20160102192253278

この記事にはトラックバック・コメントがありません。
環境・設備 事務所ビルの空調・換気設備 | 0 コメント | アカウント登録
サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。