建築コミュニティポータル:昔の名前で頑張ってます


2018年6月18日(月) 07:03 JST

構造 高層建築物 

シェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Bookmarks

高層建築物の構造設計に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.耐震壁は、上下に連続して設けられないときは、耐力を期待できない。

2.建築物の固有周期は、ほぼ階数に比例する。

3.平面形は、不規則な形を避け、できるだけ単純な形状にするのが望ましい。

4.建築物の各層について、荷重の重心と剛性の中心はなるべく一致するよう

続きを読むで解説が見れます

正解 1

解説

1.は誤りで 耐震壁は、上下に連続して設けることが望ましいですが、上下に連続性がない
  場合、耐力を期待できないという記述は不適当です。

2.は正しく 建築物の固有周期は、ほぼ階数に比例する。

3.は正しく 平面形は、不規則な形を避け、できるだけ単純な形状にするのが望ましい。

4.は正しく 建築物の各層について、荷重の重心と剛性の中心はなるべく一致するように
        計画したほうがよい。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://www.farchi.jp/trackback.php/20160102191226352

この記事にはトラックバック・コメントがありません。
構造 高層建築物  | 0 コメント | アカウント登録
サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。