建築コミュニティポータル:昔の名前で頑張ってます


2018年2月25日(日) 14:33 JST

法規 建築設備

シェアする
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Bookmarks

建築設備に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

1.エスカレーターは、階段の両側に手すり設け、手すりの上端部が階段と
  同一方向に同一速度で連動するようにしなければならない。

2.水洗便所のし尿浄化槽は、満水して24時間以上漏水しないことを
  確かめなければならない。

3.高さが31mを超える建築物は、高さ31mを超える部分の各階の床面積の
  合計が500m2以下のものであっても、非常用の昇降機を設けなければならない。

4.延べ面積が3000m2を超える建築物に設ける暖房の設備の風道の屋内に
  面する部分は、不燃材料で造らなければならない。

解説

1.は正しく、令第129条の11第1項第3号により、エスカレーターは、
  階段の両側に手すり設け、手すりの上端部が階段と同一方向に同一速度で
  連動するようにしなければならない。

2.は正しく、令第33条により、水洗便所のし尿浄化槽は、満水して24時間以上
  漏水しないことを確かめなければならない。

3.は誤りで、令第129条の13の2第2号により、高さが31mを超える
  建築物で、高さ31mを超える部分の各階の床面積の合計が500m2以下の
  ものは設置しなくてよい。

4.は正しく、令第129条の2の2第1項第6号により、延べ面積が3000m2を
  超える建築物に設ける暖房の設備の風道の屋内に面する部分は、不燃材料で
  造らなければならない。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://www.farchi.jp/trackback.php/2015010215593397

この記事にはトラックバック・コメントがありません。
法規 建築設備 | 0 コメント | アカウント登録
サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。